Home » News » 英語のカジノサイトをブラウザの機能で日本語に翻訳する方法

英語のカジノサイトをブラウザの機能で日本語に翻訳する方法

オンラインカジノサイトやブックメーカーが、英語サイトで使いにくかったり、サポートのメールが英語で分かりにくかったりして、困った経験をした人は多くいるのではないでしょうか?

オンラインカジノサイトやブックメーカーは、英語が基本です。日本語に対応しているオンラインカジノサイトではない場合は、ブラウザの翻訳機能を使うと分かりやすくなります。

サイトが日本語に対応しているかどうかは、玄人のオンラインカジノプレイヤーにはあまり関係のないことなのかもしれません。ましてや日本語対応などは、海外在住で英語のわかる日本人のオンラインカジノユーザーにとっては必要のないことです。

しかし、英語がわからなくても、サイトを閲覧するブラウザソフトには翻訳機能がついています。利用者が多い代表的なブラウザで、英語サイトを日本語に翻訳する方法を説明します。

GoogleのChrome(クローム)の場合

オンラインカジノはビットコインが使えるクラウドベットを参考にします。スポーツベットの画面ですが、英語ばかりで何が書いてあるのかわからないと思います。

GoogleChromeは、サイトの画面上でマウスの右クリックを押してください。すると、「日本語に翻訳」という項目があるのでクリックします。

クリックするとサイトが日本語に翻訳さます。これで終わりです。非常に簡単です。日本語だと分かりやすくなります。

翻訳の質は若干おかしいところもありますが、意味は十分に理解できると思います。

Safari(サファリ)の場合

Safariの場合はChromeとは違って、別に拡張機能を追加する必要があります。追加が面倒なので、私はオンラインカジノやブックメーカーなどの英語サイトや、他言語のニュースサイトを見るときはGoogleChromeを使います。

まずはブラウザのSafariを立ち上げて、リンゴマークの横の「Safari」のプルダウンメニューから「Safari拡張機能」を選択します。

すると拡張機能を追加するページが開きます。

虫眼鏡の検索ボックスに「Translate」と入力して検索してください。このマークの拡張機能が出てきます。矢印のリンクをクリックしてください。

別サイトに移動すると、この「Translate」のダウンロードページ画面になります。

ダウンローが完了したらファイルを開きます。Safariのブラウザの環境設定の項目を選び、「拡張機能」を選択します。「Translate」が追加されていますので機能を追加します。

デフォルトの設定ですぐに使えます。マイクロソフトとGoogleの翻訳機能を選択できます。Googleが優秀です。ワンクリックでサイトをすぐに翻訳できるように、ツールバーに移動させておくと便利です。

英語のオンラインカジノサイトを表示させて、ツールバーの矢印マークをクリックします。

「翻訳」をクリックします。

画面が日本語に変わります。

Safariの場合は、この「翻訳しますか」とか「翻訳されました」とかがツールバーに出るのが少し邪魔になります。

Firefox(ファイアフォックス)の場合

まずはアドオン入手ページにアクセスするのですが、面倒なのでGoogle Translator for Firefoxのダイレクトリンクを用意しました。https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/google-translator-for-firefox/

このアドオンをインストールします。

インストール後はFirefoxの再起動が必要になります。

ブラウザの再起動後は、Google Translator for Firefoxのセッティングをします。

拡張機能の項目にGoogle Translator for Firefoxがあるので、設定をクリックします。

翻訳後の言語を設定します。デフォルトでこの設定になっていると思いますが、なっていない場合は日本語を選択してください。

英語のオンラインカジノサイトの画面で右クリックをしてください。「このページをGoogleで翻訳」をクリックします。

日本語にサイトが翻訳されます。

Firefoxの場合は、クラウドベットはどうやら翻訳の相性が悪いようです。このままページが読み込まれませんでした。やはり、Googleクロームをお勧めします。

スマートフォンのアプリでの翻訳は別のベージで作りました。そちらも良ければご覧ください。