Home » News » スマホで英語のカジノサイトを日本語に翻訳する方法

スマホで英語のカジノサイトを日本語に翻訳する方法

スマートフォンでオンラインカジノサイトやブックメーカーにアクセスしていると、英語サイトの場合はどうしても抵抗があり、難しくて使いにくそうに思えてくるかもしれません。その場合は翻訳アプリなどを使って、サイトそのものを日本語に翻訳します。

パソコンの各ブラウザ版はこちらで解説してあります。

スマートフォンにもインターネット閲覧アプリは各種あります。iPhoneの場合は、サファリがメインで、Androidの場合はGoogleのクロームアプリを使っている人がほとんどかと思います。

Microsoft Translatorがおすすめ

スマートフォン(iPhone)のSafariで閲覧している外国語のオンラインカジノサイト全体を翻訳するには「Microsoft Translator」を使います。無料です。アプリの検索で「Microsoft Translator」と打ち込めば出てきます。

インストール後は、翻訳したい外国語のオンラインカジノサイトにアクセスして、画面の下にあるこのアイコンをタップします。

「その他」の項目が右側にあるのでタップします。

Microsoft Translatorをオンにします。

オンにすると、このアイコンが表示されるようになるので、翻訳したいサイトの画面でタップします。

クラウドベットのサイト全部を翻訳するとこのような感じです。左が英語で右が日本語に翻訳された画面です。

GoogleChromeはやっぱりすごい

Chromeアプリの場合は、サイトにアクセスした時点で、「英語サイトなので日本語に翻訳をしますか?」と出てきます。

翻訳を選択して、「英語を常に翻訳」の設定にしておけば、いちいちサファリのようにタップする必要がなくなります。翻訳アプリの質は、クラウドベットのダッシュボード画面を見ると、日本語がやや可笑しいところもあります。それでも意味は理解できます。

引き出しが、「撤回」の表現は少し面白いですね。ベット履歴が「ベットの歴史」になっています。スポーツベットの画面などは、翻訳しないほうがチーム名などがわかりやすいかもしれません。

サイトを翻訳すると、スポーツベットなどはオッズが見やすくなるので、賭け間違いがなくなると思います。スマホでも英語サイトのブックメーカーやオンラインカジノはそれなりに楽しめそうです。

スマホでクラウドベットのライブルーレットを起動させて見ました。ゲーミングソフトはEzugi(エズギ)です。ディーラーがお化けみたいです。操作環境はライブカジノはあまり良くありません。

スマホでもオンラインカジノは楽しむことができます。ライブカジノはスマホだとタイムラグなどもあり、画面も小さいので、チップの操作間違いや、賭け間違いなどにはくれぐれも気をつけてください。

ライブカジノのゲームは、エボリューションゲーミングがもっとも使いやすく、画面も綺麗です。スマホでも快適にカジノのライブゲームを楽しめます。

以上が、外国語のカジノサイトを日本語で見るために工夫する方法になります。英語のままでプレイしている人には全く参考にならない投稿かもしれません。

解説画面として使用した、ビットコインが使えるオンラインカジノ、「クラウドベット」は、これから人気が出てくる可能性があります。是非登録して遊んでみてください。無料ゲームでも遊べますが、スマホだと無料ゲームの項目がないので、できないのかもしれません。