Home » ecoPayz » ecoPayz【エコペイズ】をシルバーecoアカウントにアップグレード

ecoPayz【エコペイズ】をシルバーecoアカウントにアップグレード

ecoPayzのアカウントのステータスは全部で5段階あります。

  • Classic
  • Silver
  • Gold
  • Platinum
  • VIP

ecoPayzのアカウントを開設したら、次はSilver ecoAccount(シルバーエコアカウント)にアップグレードします。ecoPayzのアカウント開設時は、Classic Account(クラシックアカウント)になっています。

これをUpgrade to the Silver ecoAccount(シルバーエコアカウントにアップグレード)する手順の説明です。

まずは公式サイトにアクセスしてください。ページは別のタブで開くようになっています。この画面を閉じないで、そのまま手順を進めてみましょう。

ecoPayz(エコペイズ公式URL)

≫https://www.ecopayz.com

公式サイトにアクセス後、「Upgrade Account》」をクリックします。少しスクロールすると次の画面が表示されます。日本語に翻訳するとこのようなことが書かれてあります。

メールアドレスの認証とセキュリティアップの質問設定

メールアドレスの認証は簡単です。そのまま「あなたのメールアドレスを確認してください」と書いてあるリンクをクリックします(画像は既に認証済み)。

メールを「送信する」を選択すると認証用のメールがecoPayzから送られてきます。メールにはリンクボタンが一つしかなく、間違えることが無いと思いますのでここでは割愛します。

セキュリティアップの質問を設定する

「Setup security question」が英語での表記ですが、日本語ではセキュリティアップの質問設定のことです。日本でも大手ネットバンクで採用されていたり、インターネットショッピングサイトのアカウントの開設の際にも用いられている方法です。

ページは日本語に翻訳してあります。

パスワードについてはログインの際に使用するもので問題ありません。

続いてセキュリティの質問を設定します。回答はアルファベット大文字などが覚えやすいでしょう。

初めて乗った車が「TOYOTA」だった場合はこうなります。

「Setup security question」セットアップ・セキュリティ・クエッションの設定が完了するとページの項目にチェックマークが入ります。

メールアドレスとセキュリティの質問の設定はこれで完了です。Setup security question(セットアップセキュリティの質問)とVerify your e-mail address(あなたのメールアドレスを確認してください)の両方の項目にチェックマークが入ったことを確認し、Upgrade now》(アップグレード・ナウ)をクリックします。

するとこのページに移ります。

ecoPayzに提出する身分証明書について

ecoPayzに登録するために必要な書類は「List A」と「List B」があります。このあたりで英語だと嫌気が差して来るかと思いますので、分かりやすいようにページを日本語に翻訳してみます。

翻訳すると書いてあるページの意味が分かります。ブラウザ(グーグルのクローム)などで翻訳してみてください。

続いて「今すぐアップグレード」を選択します。

ecoPayzに必要な書類「List A」について

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード

「List A」については身分証明書だとご理解ください。国民IDカードはマイナンバーカードでもOKかもしれません。

ecoPayzに必要な書類「List B」について

  • 公共料金の利用明細書
  • 銀行取引明細証明書
  • 住民票

「List B」についてはecoPayzに提出した身分証明書の補強です。記載の住所に「確かに住んでいる」証明が必要になるためです。公共料金の利用明細書は住所の記載があるものです。銀行取引明細証明書も、ただの取引履歴の明細やATMのレシートではなく、通帳の一ページ目、つまり現住所の記載があるページです。

これはなぜかと言うと、パスポートを提出した場合は、本人の顔写真のページに旅券番号はあっても現住所の記載がありません。それをリストAとリストBに分けて完璧に証明する必要があるのです。日本でも大手の銀行やネットバンクも口座開設には同様の本人確認方法を採用しています。

【重要】「List B」の書類の注意点について

ecoPayzに提出する書類の「List B」ですが、スマホなどのカメラで撮影したもので問題ありません。しかし、注意点が何点かあります。

  • 明細書の四隅を確認できるようにして下さい。
  • 期限切れは受け付けていません。
  • 画質は文字の判別できるものにして下さい。
  • スクリーンショットは受け付けていません。

免許証などもそうですが、添付ファイルは文字が読み取れるものと、当然ですが有効期限内のもの、四隅が全て確認できるものを用意します。

先にスマホのカメラなどで写真撮影してカメラロールに保存し、パソコンに取り込んでおくと用意周到です。ecoPayzにアップロードする書類が手元に揃ったら、「Continue》」(続行)をクリックします。

ファイルはアップロードもしくはメール添付

ファイルのアップロードはSelect》から添付が可能です。但し、下記の注意書きがあります。

Upload scans of your documents now
Please ensure your files are in JPEG / JPG or PDF format.
We recommend files should be under 1 MB in size.

ファイルは、JPEG / JPGまたはPDF形式であることを確認してください。ファイルのサイズは1メガバイト以下でお願いします。

問題なければそのままアップロードします。スマホで撮影したピクチャーファイルは相当な高画質に設定しない限り「250KB」くらいです。1024KBが1メガバイトです。

「Continue》」(続行)をクリックすると下記の画面が表示され、ファイルのアップロードがすべて完了です。

ファイルをレビューするためには1~2日の期間を要します。「確認後はメールにてお知らせする」となっています。

メールにファイルを添付する場合

アップロードに自信がない場合は、ecoPayzのメールアドレスにファイルを添付して送信します。

「Email documents later」を選択し、「Continue》」(続行)をクリックします。するとこの画面になります。

MAIL:[email protected]

メールの本文について

ecoPayzにメールで身分証明書や銀行取引明細書、公共料金の明細書関係を送信する場合は、下記の例文の太字斜体をそのままコピーして貼り付けて送信してください。

メールの件名:Upgrade of the account
Hello.
Silver eco account
In order to upgrade
Attach my necessary files.
My account number:(ここにあなたの10桁のアカウント番号)
User name:(ここにあなたのユーザーネーム)
Name:(ここにあなたの氏名・アルファベット表記)

その他ecoPayzで分からないことがある時

サポートにチャットで問い合わせてみましょう。翻訳を駆使すれば英語の苦手な人でもおおよその意味が分かります。英文の読み書きができる人はそのままサポートに質問してみてください。ecoPayzのサポート対応は良好です。

日本国内の銀行ATMからecoPayzのecoCard(デビットカード)を使って日本円を引き出すことができるかどうかという質問に対しては大丈夫だとの回答です。

ecoPayzのアカウントをシルバーにアップグレードした後にできることについてです。ページの翻訳の正確さはさておき、このようなことが書いてあります。

無事に身分証明書のリストAとリストBか受理されると、このようなメールが届きます。

ファイルをアップロードしてから、シルバーアカウントへのアップグレードの申請が受理されると翌日か翌々日にはアップグレード完了の通知メールが届きます。

ecoPayzにログインするとステータスがシルバーになっています。

以上がecoPayzのシルバーアカウントのアップグレードの手順です。次回はecoPayzのecoCard(マスター機能付きデビットカード)発行手順を解説します。

最後まで解説手順を読んでいただきありがとうございました。またお役に立てればと思います。

≫ecoPayzカテゴリ記事一覧はこちらからどうぞ