Home » ecoPayz » 誰でもわかるecoPayz【エコペイズ】MasterDebitCard有効化方法

誰でもわかるecoPayz【エコペイズ】MasterDebitCard有効化方法

ecoPayzのアカウントをシルバーアカウントにアップグレードして、ecoPayzのecoカードの発行まで済ませたら、次は到着したマスターデビットカード(ecoカード)のPIN(暗証番号)を取得してecoカードを有効化します。ecoPayzのecoカードのアクティブ化とも言います。

ecoPayzのecoカードは普通郵便で送られてきます

ecoPayzのecoカードは日本国内の場合は普通郵便で届きます。ecoPayzのecoカード発行手続きから概ね3週間程度で到着します。速い場合は10日程度で到着します。AIRメールで届きますので、発行後は到着する日にちに合わせて自宅のポストの中をしっかりと確認するようにしましょう。

ecoPayzのecoカードはネッテラーやスクリルと同じように、このようなA4用紙に糊でカードが貼り付けられて到着します。この用紙自体には、ecoPayzのカード有効化やアクティブ化に必要な情報は特に書いてありません。捨てても構いません。

ecoPayzのカードが到着したら公式サイトにアクセス

まずはecoPayzの公式サイトにアクセスします。リンクは別のタブでecoPayzのログインページが開くようになっています。このページを閉じないで手続きを進めてください。

ecoPayz(エコペイズ公式URL)

≫https://www.ecopayz.com

ecoPayzの公式サイトにアクセスしてログインしたら、Activate ecocadr》をクリックしてください。すると次の画面になります。

入力するのはecoカード表面の下4桁の番号

まず始めにecoPayzから到着したecoカードを手元に用意して、表面に書かれてある16桁のカード番号の下4桁を入力します。続いて生年月日を入力します。ページを日本語に翻訳するとこのようなことが書いてあります。

黄色のビックリマークのところには「3回まで入力できます、複数カードがある場合は間違えないようにしてください」との内容が書いてあります。また、カードが3週間以内に届いていない場合はお問い合わせください。と下には表記されています。

カード番号と生年月日の入力後はアクティブ化》をクリックします。16桁のカード番号の下4桁はこの写真だと「5678」です。

ecoカードアクティブ化の完了後はPINコードを発行する

ecoPayzから届いたカードの表面にある、下4桁と生年月日を入力したらアクティブ化は即座に完了します。ページを日本語に翻訳するとこう書いてあります。

黄色のビックリマークのところには「PINコードを取得するURL(リンク)を上記に表示したメールアドレスに送信しました、迷惑フォルダもチェックしてメールが届いているか確認してください、あなたの受信トレイにPINコード発行のURL(リンク)が到着するまでに、最長で15分かかることがあります」と書いてあります。

ecoPayzに登録してあるメールアドレスを確認してみましょう。英文のメールが届いているはずです。

英語の苦手な人もいると思いますので、日本語にページを翻訳します。翻訳の質が納得いかない方はGoogleに改善を申請してください。

【重要】PINコード発行のためのURL(リンク)クリックは1時間以内に

メールアドレスに届いたPINコード発行のURLリンクは不正防止のため、有効時間があります。ecoカードのアクティブ化からPIN(暗証番号)の発行は、連続した手続きを取り、1日で済ませましょう。

  • PINコード発行のURLリンク有効時間は1時間

ecoPayzからPINコード発行のメールが届き、リンクをクリックすると自動的にこのページが開きます。

【重要】Retrieve PIN》をクリックする前に

Retrieve PIN》をクリックすると、PIN(暗証番号)が30秒だけ斜線網掛けの部分にいきなり表示されます。暗記が苦手な人はメモを用意してください。この画面は日本語に翻訳するとこう書かれてあります。翻訳の質が納得いかない方はGoogleに改善を申請してください。

PINを取得》をクリックすると斜線の部分に4桁の番号が表示されます。

これがPIN(暗証番号)になります。ecoPayzのPINはネッテラーのNet+カードと同じで、ATMでecoカードを使って出金する時に必要な4桁の暗証番号になります。忘れないように必ずメモをしておきましょう。

ecoカードのPINがうまく取得できなかったとき

上記手順がうまくいかず、ecoカードのPINコードを取得し損ねた場合の補足です。PINの取得リンク(URL)はecoカードのページ画面から再発行の申請ができます。ecoカードの項目をクリックすると利用可能残高の横に表示されるの文字が再発行のボタンです。

押すとこうなります。

PINのリマインダーサービス(再発行)には0.50$(約50円)

PINの再発行は0.50$(約50円)の手数料の対象になります。PINコードはメモに取っても、ATMでいざ使おうとすると忘れることが多々あります。自分で覚えやすい番号に指定できないのが、日本と海外カードの違いですね。

以上でecoPayzから届いたecoカードのアクティブ化とPIN(暗証番号)の発行の説明は終わりです。ネッテラーに比べるとecoPayzも同じくらいの使い勝手です。オンラインカジノでecoPayzを使う場合は、使えるカジノサイトやブックメーカーサイトがまだまだ少ないです。

ちなみにATMからの出金はネッテラーと同じです。出金のときは普通預金の項目を選んでも出金ができます。

ecoPayz対応のオンラインカジノ最新のランキングを作りました。いつも遊んでいるオンラインカジノから乗り換える際はランキングを参考にして登録し直してみて下さい。そこには今まで知らなかった楽しみがあるに違いありません。

≫ecoPayzカテゴリ記事一覧はこちらからどうぞ