Home » JackpotCity » Jackpot City Casino【ジャックポットシティカジノ】登録方法

Jackpot City Casino【ジャックポットシティカジノ】登録方法

Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)はネッテラーが日本で使えなくなってからでも便利な決済サービスであるecoPayzに対応しているオンラインカジノサイトのひとつです。

今まで使っていたオンラインカジノから転向する場合のオススメのオンラインカジノです。登録方法を説明します。リンクは別のページタブで開くようになっています。このページを閉じずにそのまま登録を進めてみましょう。

Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)URL

【Jackpot City Casino】

Jackpot City Casino(ジャックポットシティカジノ)にアクセス後は登録をクリックします。登録する時期によって限定オファーもありますが、いずれもクリックすると登録フォームへ移ります。登録手順は大きく分けて3つです。

Step.1 ユーザーネーム・メールアドレス・パスワードの設定

まずはユーザーネームとメールアドレス・パスワードを設定します。

入力後は次へをクリックします。EメールについてはGmailなどのフリーメールでも登録ができます。

Step.2 個人情報や居住国のステータス入力

必要な情報を埋めてきます。火事乃 夜瑠子(カジノ ヤルコ)さん、1990年12月25日生まれの人が登録した場合の入力例が下の画像になります。

【重要】ジャックポットシティカジノでの利用通貨について

名前や生年月日、性別を入力し終えて、最後に利用通貨の選択項目があります。どれを選べばよいのか迷うところですが、ecoPayz(エコペイズ)ネッテラー、エントロペイで使っている通貨と揃えたほうが良いでしょう。

ジャックポットシティカジノでもそれに倣います。理由は為替手数料が無くなるからです。ecoPayz(エコペイズ)のご利用をジャックポットシティカジノではオススメしています。

【注意】2016年9月15日以降、ネッテラーはオンラインカジノやブックメーカーの資金転送に日本では使えません。

step.3 住所の登録について

登録する住所についてはローマ字での表記になります。ジャックポットシティカジノは携帯電話の番号でも登録が可能です。頭に付いている「81」はその国の識別番号を表しています。海外から日本に電話をかける場合は「+81」が必要だからです。

日本語を英語で表記するときの注意事項

上の写真は例として、東京都港区六本木6丁目6-10-1番地 六本木ヒルズ1919号室で登録した場合です。英語で日本の住所を表記する場合は、番地が先になります。

  • 住所1 六本木6丁目6-10-1番地
  • 住所2 六本木ヒルズ1919号室

以下市町村は省略します。ご自身の住んでいる街のローマ字表記がはっきりしない場合はJuDressを使って便利に変換します。

JuDressサイトURL

【http://judress.tsukuenoue.com/】

必要な部分だけを区切ってジャックポットシティカジノの登録フォームに入力しましょう。コピー貼り付けができればそれでもOKです。入力ミスが無くなります。

同意項目に同意して登録完了

各登録情報を確認して同意項目のボックスにチェックを入れたらアカウントが開設されます。これで登録は完了です。

【補足事項】スマホ画面で登録の場合

スマホからでもジャックポットシティカジノへの登録が可能になっています。入力する情報はパソコン版での登録フォームと同じです。

住所の入力項目は内容が重複するので省略します。半角や全角文字、大文字、小文字など、正しく入力されている入力欄の外枠が黄緑色に変わり☑が付きます。

登録情報の入力後は最後のチェックボックス「カジノでプレーが認められる法廷年齢に達しており、利用規約に同意します」の☑は忘れないで下さい。

以上でパソコン版もスマホ版も含めたジャックポットシティカジノの登録方法の説明は終わりです。分かりやすかったでしょうか?

次はジャックポットシティカジノに入金する方法の解説です。

英語版ですが最後に動画を引用しておきます。